レチノール美容液

レチノール美溶液しわ効果のある化粧品

 

レチノール美溶液しわ効果のある化粧品

 

レチノールとは?

 

レチノールは人間の血液のビタミンAの大半を占めている成分です。

 

ビタミンAは、レチノール、レチナール、レチノイン酸とこれらの3-デヒドロ体やその誘導体の総称です。

 

ビタミンA関連の医薬品や化粧品をレチノイドと呼ぶこともあります。

 

レチノールとは、人間や動物の体内にあるビタミンA(レチノイド)の1種です。

 

狭い意味ではレチノールと言えば、ビタミンAのことを指すこともあります。

 

どんな成分でも多くの場合は、唯一のものを示すケースより「仲間」「カテゴリー」を総称することが多く、

 

ビタミンAとレチノールの関係も同じです。

 

レチノールは、ビタミンAの1つなのです。

 

ビタミンAには、粘膜や皮膚を健康に保つ効果、視覚など視機能を改善する効果、

 

動脈硬化を予防する効果があります。

 

油溶性なので摂りすぎると排泄されないで身体に溜るので、過剰摂取には注意する必要があります。

 

エイジングケア化粧品成分のレチノールは、ビタミンAの持つお肌への効果に着目して開発されました。

 

レチノールとレチノイン酸

 

レチノールは、体内で皮膚の表皮の基底層に運ばれると、酵素によって代謝を受けて

 

レチナールに変わり、最終的にレチノイン酸に変化します。

 

レチノール ⇒ レチナール ⇒ レチノイン酸 ⇒ ターンオーバー活性化

 

レチノイン酸が、角質の代謝を促すことで、お肌のターンオーバーを活性化させます。

 

レチノイン酸の効果によって、お肌の老化を遅らせます。

 

実際にお肌を生まれ変わらせる立役者は、レチノールではなくレチノイン酸と言えます!

 

レチノイン酸には、線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンやエラスチン線維の生成を

 

促進させる効果や皮脂分泌抑制などの効果もあり、シワの改善、たるみの改善、シミの解消、

 

ニキビ痕の解消、目の下のクマの解消が期待されます。

 

レチノールではなく、レチノイン酸をエイジングケア化粧品成分にすればよいのでは?

 

という疑問が浮かぶでしょう。

 

実は、レチノイン酸は、「トレチノイン」という医薬品として存在します。

 

トレチノインは、非常に強い効果を発揮する反面、副作用もあるので、専門家でないと

 

取り扱いが難しいので医薬品になっているのです。

 

トレチノインは、レチノールより効果も副作用も強い成分で、処方薬(医療用医薬品)となるのです。

 

レチノールには、その種類や配合濃度によって、医薬品として扱われるケースから、医薬部外品、

 

エイジングケア化粧品成分として扱われるケースまであります。

 

基本的には、レチノールは、医薬品の場合は、高濃度で効果も高いが副作用があり、

 

化粧品の場合は、低濃度で効果も低いが副作用も少ないといえます。

 

レチノールの基本

 

レチノールの基本的な特性

 

化学的に合成され、黄色の結晶体

 

水には溶けず、アルコールや油分に溶ける

 

分子量が小さい

 

乾燥や高温に不安定

 

酸化を受けやすい

 

ビタミンEなどと一緒であれば安定性が増すことです。

 

化粧品成分としては、誘導体にして安定化させています。

 

レチノールの種類

 

パルミチン酸レチノール

 

酢酸レチノール

 

シラスフィアレチノール

 

ピュアレチノール

 

レチノイン酸トコフェリル

 

レチノールの4つの効果

 

ターンオーバーの促進

 

コラーゲンの産生のサポート

 

皮脂分泌の抑制

 

紫外線ダメージの軽減

 

レチノールの副作用

 

レチノールには、敏感肌ではない方でも

 

お肌がカサカサする、お肌の乾燥を感じる、痒みを感じる、赤みや刺激を感じる

 

などの副作用を伴うことがあり、レチノイド反応と呼ばれます。

 

レチノール配合化粧品の使い方

 

腕などで大丈夫なのかをチェック

 

日焼け止めと一緒に使う

 

肌の状態で使用法を変える

 

レチノール配合エイジングケア化粧品を選ぶポイント

 

レチノールが、油溶性であることから、レチノール配合のエイジングケア化粧品は、

 

クリームか美容液から選ぶことが基本です!

 

初めての場合は、高濃度配合のものを避ける

 

レチノール以外のエイジングケア化粧品成分に着目する

 

レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル配合化粧品を選ぶ